社員インタビュー

社員からのメッセージ

社員インタビュー

現在の担当業務を教えてください。

私は自動計測事業 設計Gに所属しています。担当している業務は部品の加工前後の寸法測定で使用される、主に内外径を測定する検出器の仕様検討です。お客様から頂く「この形状の部品を測定したい。」「もっと小さな寸法を測りたい。」「一度に複数の寸法を測りたい。」といった要望に対して、どのような測定方法なら計測可能かを検討し、お客様へ合わせた計測機器を設計・選定し、提案する業務です。

入社したいと思ったきっかけや理由、決め手を教えてください

大学の学科専攻では機械工学を学んでおり、設計者として働きたいとの思いがありました。また、工作が好きでモノづくりに携わる仕事がしたいとの思いもありました。就職活動中、モノづくりにおいて、製品の精度を決める重要な要素である計測機器、そのメーカーである当社を知り、計測機器の設計に携わることで、世の中のモノづくりの支えになりたいと感じたため入社を決めました。

入社して、仕事をしてきて、今現在感じていることは何ですか。

経験を積む中で、入社時と比較して外部からの問い合せの応対・仕様検討の際、スムーズに対応できることも増えました。しかし初めて見る依頼や問い合せに対して、判断の遅れや難しいと感じることもあり、自分自身の未熟さを痛感することも多々あります。そんな時、先輩方々から頂くアドバイスには、大変助けられています。アドバイスの中には経験者ならではの視点や工夫があり、自分には学ぶべきことがまだ多くあり、経験を積むことの大切さを実感しています。

働いていて、やりがいを感じるときはどんな時ですか

長期に渡る依頼が形になった時、やりがいを感じます。計測機の仕様検討の依頼を受ける際、時にはお客様自身、ご希望の測定方法が明確に定まっていないこともあります。その様な依頼では、意見のやり取りを繰り返す中で希望とする仕様を明確にしていきます。部品を手動で測りたい、計測器を加工機内に取り付けて図りたい、など測定環境は様々です。しかし、限られた条件の中で希望とする仕様を見極め、納得頂ける形で提案できたとき達成感を感じます。

一日の流れ

仕事上での今の目標、今後の目標は何ですか

多くの経験を積み、お客様にとってより良い仕様を提案・設計できる幅広い視点を持った設計者になることです。日々の業務対応の中で、様々な依頼元から、多種の部品を測定したいとの依頼があります。経験の浅さから未知の部分も多く、素早く正確な対応が難しいというのが現状です。先輩方々のアドバイスを頂き経験を積む中で、その知識と経験を蓄積し、自らの考えを持った一人前の設計者となることが目標です。

就職活動中の皆様にメッセージをお願いいたします!

就職活動中は何かと迷いや悩みが生じやすい期間かと思いますが、自らの将来見つめなおす、貴重な機会でもあります。もし、自分がその業種・職場で働いていたらどんな生活をしているだろう等、自分自身をその環境に当てはめて考えてみると将来のイメージがつき易いと思います。就職活動中に悩み考えたことは、その後の社会人生活でも決して無駄にはならないはずですので頑張ってください。

ページTOPへ戻る




Copyright © 2014 TOSEI ENGINEERING CORP. ALL RIGHTS RESERVED.