社員インタビュー

社員からのメッセージ

社員インタビュー

現在の担当業務を教えてください。

半導体ウェーハ面取り機の機械設計の業務を行っています。業務はお客様が装置に求めるご要望の打ち合わせから始まります。まず打ち合わせに必要な書類を作成し、仕様が決まりご注文をいただいたら、いよいよ装置の仕様に沿って設計を行っていきます。装置の組み立て状況の確認を行い、最後に出荷時に付属する資料の準備を行って、装置が出荷されていきます。装置の注文から出荷されるまでの一連の流れの中の各業務を行っています。

入社したいと思ったきっかけや理由、決め手を教えてください

今まで学んできことを生かして仕事をしていきたいと思い、自分の専攻分野である半導体業界を選択しました。私は特に材料の加工を学んでいており、就職は半導体材料の加工装置を作っている企業に決めていました。半導体は比較的狭い業界ですが、世界で活躍する優秀な企業が日本にもあります。その中に、ウェーハの加工装置を作っていた当社がありました。世界で活躍する企業に興味があったことや、今まで学んできたことをより深く学びたいという思いから、当社を志望するにいたりました。

入社して、仕事をしてきて、今現在感じていることは何ですか。

機械設計は今まで経験のない作業で、初めはわからないことばかりで手探り状態でやっていました。一つずつ着実にこなしていくと、知らないうちに力もついてきており、次に同じような設計を行うと前より早くできるようになっています。これはできるようになったから、次はこんなことをやってみようと新しいアイデアが浮かんできます。設計をして出荷されていく装置を見届けてると、少しはできるようになったかなと満足感を感じています。

働いていて、やりがいを感じるときはどんな時ですか

新しい設計を行っているときは業務も多く、どんな設計にするか悩み大変なことだらけです。設計が終わっても装置が組みあがるまでは不安もあります。ですが、装置が組み立てあがって、完成した姿を見るのはうれしく思います。そして、無事出荷されていくのを見届けるときはひと段落ついたことが感じられ、やって良かったと思う瞬間です。

一日の流れ

仕事上での今の目標、今後の目標は何ですか

入社時からちょうど半導体業界が上昇傾向であり、多くの装置を見る機会に恵まれ、貴重な経験をすることができました。今までは目の前の業務をこなしていくことで精一杯になっていましたが、日々の業務を行う中で多くのことを経験してきたことにより、少しは全体を見渡せるようにもなってきました。その力を向上させるためにも、自分でも全体を取りまとめ、業務をこなしていけるようになっていきたいです。

就職活動中の皆様にメッセージをお願いいたします!

就職は今後の人生を左右する大きなターニングポイントです。将来なりたい自分になれる進路を選んでください。多くの企業を見て、いろんな方の話を聞いてみてください。周りの人にも相談をしてみると自分では知らなった業界が見えてきます。その中でこれからの進路が決まってくると思います。

ページTOPへ戻る




Copyright © 2014 TOSEI ENGINEERING CORP. ALL RIGHTS RESERVED.