東精エンジニアリングサービス > 校正業務 > 校正Q&A

校正Q&A

保守点検サービスとは?

お客様にてオンコールで測定機の保守と校正をご依頼いただくサービスです。
お客様のご要望をお聞きし、適切な保守、校正内容をご提案させていただきます。
校正については、お客様の測定器管理規定に見合った最適な方法をご提案いたします。

どのくらい前に依頼したら良いですか?

出来る限りお客様のご希望に添う日程を確保いたしますが、概ね1ヶ月前のご予約を御願いしております。保守契約メニューの「点検契約」にて実施月を決めさせていただくことが可能です。
ご希望により測定機のパソコンに「点検お知らせサービス」を設定することもできます。

保守点検費用の中に何が含まれますか?

測定機の整備保守(清掃、分解、注油、調整など) 消耗部品の交換作業費用、精度検査費用
検査成績書作成費用になります。

点検(校正)は、何故必要なのですか?

測定機は、物差しです。物差しが正しくなければ計った結果も正しくありません。
精度点検(校正)は、測定機(物差し)が“どれだけ正しいか”を確かめ記録することです。
測定結果の正しさの基本となります。

点検を実施しないとどうなりますか?

測定機の状態が判らなければ測定結果についても正しい判断ができません。
結果測定物の良品、不良品の評価が正しく行えず、またそれがいつからなのかトレースすることができません。
お取引先に対しても大きく信用を失うことになります。

合否判定はしてもらえますか?

通常ご指定が無い場合はメーカー許容値と測定値を記載します。ご希望によりメーカー許容値に対しての合否判定は可能です。
その他お客様の指定値での判定を行うことができます。
(JCSS校正を除く)

点検の周期はどのように決めたら良いですか?

一般的には、「測定機の使用頻度(稼働率)」、「不良部品を評価してしまった場合の損失コスト(重要度)」、「定期校正費用(経費)」、
この3つの要素からお客様にて最適な周期を選択して頂いております。

ISO取得のお客様においては上記を踏まえ計測器の管理規定により周期が決定されております。
特に高精度機種はお客様の保有される測定機の中でも「ゲージ校正用マスタ」として高く位置付けされ、
ほとんどのお客様に1年、または2年周期で校正を実施していただいております。

点検時の交換部品とはどのようなものですか?

エアー使用機種ではエアーフィルター類や状態によっては各種の空圧機器や配管類、
その他駆動系ではベルト類などです。装置を使用することによって消耗劣化するものとお考え下さい。
交換に際しては各部品の寿命によって作業時に都度ご相談させていただき実施します。

校正のみ、保守のみを実施できますか?

ご希望により実施いたします。但し校正のみで保守(調整等)が必要となった場合
調整→再校正となるためコスト高になります。
保守のみは通常の修理作業と同様に実施することができます。

価格の安い校正業者がありますがどのように違いますか?

校正のみを実施し、保守は行いません。測定機の操作などお客様に負担を強いるケースもあり、
校正値が規格オーバーの場合、保守を実施する必要があるためコスト高になる場合があります。

日常、付属の基準球や標準片、倍率校正器で校正を行っていますがこれは点検の代わりになりませんか?

これらは日常測定機の状態を確認する目的での始業前点検、短周期の日常点検として測定機の状態の変化点を見つける方法としては有効と言えますが、
各測定機の校正規格にある広範囲での校正は出来ません。
また、始業前点検、日常点検で使用する基準球や標準片、倍率校正器も校正を行う必要があります。

点検を自社で実施することが出来ますか?

各測定機の校正方法はJISなどの規格がありますのでそれに準拠して実施可能です。
但し、使用する測定機、基準器などの維持管理費用が掛かり、相当数の測定機を保有していない限り、コスト的に採算があいません。
保守作業はメーカーサービスマンもしくは教育を受けられた方以外は実施できません。

検査成績書、校正証明書は何部発行できますか?

通常は1部発行にてお客様にて複写・保管を頂いていますが、ご希望により有料にて複数発行を承ります。

検査成績書、校正証明書は再発行できますか?

「再発行」の印を押すことにより可能です。校正証明書の使用基準器の有効期限は校正実施日のものとなります。

点検作業中に測定機を使用することが出来ますか。

調整中の測定機は結果を保証出来ないため、残念ながら使用する事はできません。

保守点検の項目を減らして費用を抑えることができますか

点検周期以外での移設などは必要確認項目のみとする場合があります。ご指定の項目での検査は保守・修理として実施いたします。

機械を移設すると必ず点検が必要ですか?

原則点検が必要です。
移設距離によりますが現設置場所にて据え付け調整を実施しているため、レイアウト変更程度でも確認は必要です。
お手数ですが移動の距離に関わらず弊社に御連絡いただくよう御願いいたします。

休日に作業を実施する事ができますか?

可能です。保守標準時間外作業となりますので超過作業費がかかります。

点検作業の時間を短縮する事が出来ますか?

時間外作業、休日作業にて対応いたします。休日同様保守標準時間外作業となります。

お問い合わせはこちら

ページトップ


Copyright © 2014 TOSEI ENGINEERING CORP. ALL RIGHTS RESERVED.