東精エンジニアリングサービス > 校正業務 > JCSS校正サービス

JCSS校正サービス

当社は、三次元座標測定機のJCSS校正事業者 ・国際MRA対応認定事業者 (JCSS 0198) です。

JCSSとは、計量法第8章の規定により、計量のトレーサビリティ確保のため設立された制度です。計量器を校正する事業所の技術能力やトレーサビリティが、校正機関認定の国際規格であるISO/IEC 17025 (JIS Q 17025)の基準を満たしていることを、認定機関である独立行政法人製品評価技術基盤機構認定センター(略称IAJapan)が審査・認定する仕組みです。

当社では三次元座標測定機において、一般校正(従来の校正)とJCSS校正を用意しておりますが、JCSS校正を行うと、JCSS認定シンボル付校正証明書を発行致します。JCSS認定シンボル付校正証明書は、その校正結果が国家計量標準へとつながっていることを、公に証明しているものです。JCSS認定シンボル付校正証明書があれば、さらに上位の国際又は国家計量標準へとトレーサビリティをさかのぼって調べる必要はありません。

当社の株式会社東京精密製品、カール・ツアイス社製品の一般校正の校正証明書においても、校正手順は標準化されており、トレーサビリティ体系図にて、基準器がトレーサブルであることを証明しておりますが、JCSS校正では、第三者である認定機関が、ISO/IEC 17025の要求事項に適合しているか等を定期的に審査することにより、さらなる証明が可能となっております。

 

登録証・認定証はこちらから

登録証 (PDFファイル)

認定証 (PDFファイル)

お問い合わせはこちら

ページトップ


Copyright © 2014 TOSEI ENGINEERING CORP. ALL RIGHTS RESERVED.