• English
  • Chinese

ATC振れ検出システム

ATC振れ検出システム

組み込み型・非接触センサ

アルミ高速切削加工監視装置

突然の加工不良
切粉の噛み込みではありませんか?

お問い合わせはこちら
資料ダウンロード

特長

切粉噛みこみによる突発不良とは?

ATC付きマシニングセンタにおいては、ATC時におけるツールテーパ部⇔主軸間への切粉の噛みこみによる突発的な不良が発生します。特にアルミの高速切削加工においてはこの問題が顕著であり、解決が長年の間望まれております。

アルミ高速切削加工の監視役

アルミ加工現場では、加工時間短縮やクーラント削減などの新しいテーマに取り組んでいるため、ATC時に切粉が噛みこむ頻度が高くなっています。特にアルミ高速切削加工においては、切粉噛みこみを測定器で100%検知し、不良を発生させないことが必需になっています。

測定時間わずか0.3秒

渦電流型非接触センサを用いているため、測定時間はわずか0.3秒(600rpm回転時)。しかも測定するツールを選択できるため、サイクルタイムに影響を与えません。また、振れ検知システム専用のアルゴリズム(特許申請中)が真の振れ量を算出、市販渦電流センサとは比較にならない検知能力を発揮、自動化ラインで確実に検知する信頼できるシステムです。

センサヘッド自動チューニング機構

センサヘッドの種類(φ 5、φ 10)を限定しません。簡単な操作でセンサヘッドを交換できます。別途手配されたセンサヘッド、すでにお使いのセンサヘッドでも、自動チューニング回路により最適な状態でセンサヘッドを認識できます。

ATC振れ検出システム

仕様

型式 コントローラ AT50361
φ 5センサ E-DT-ED10 (ケーブル10m)
センサ取付範囲 ツールホルダフランジ面より1.0±0.1mm
測定範囲 ツールホルダフランジ面より1.0±0.2mm
ツール登録数 最大32本
使用可能ツール BT30、BT40、BT50、HSK63A ほか
性能 表示分解能 0.5 µm
繰り返し精度 3 µm(2σ = 1.5µm) ※弊社指定のマスターツールホルダ(BT40)使用
ツール回転数 120, 600, 1200rot/min
測定時間 0.3s(回転数600rot/min、リトライなしの場合)
使用環境 使用周囲温度 0~40℃
耐振動 最大3.66G(x、y、z各方向)JIS C 60068-2-6 準拠
※ 10-55HZ を掃引 25 分( 1 回の掃引が 5 分)
耐衝撃 センサヘッド:最大50G (X、Y、Z 方向 各10 回)
コントローラ:最大20G(x、y、z方向 各10回)
保護構造 IP67(センサヘッド)
※コントローラには、水や油などを付着させないでください。
電源 定格電圧 DC24V±10%
定格電力 14W
Windows
アプリケーション
動作環境と条件
対応機種 Windows 7 が動作するPC
実装メモリ 64MB以上
ディスク容量 100MB以上空き容量が必要です。
OS Windows XP、Vista、7(32bit)
Windows 7 ※ Windows 7 は米国マイクロソフト社の商標です。
インターフェイス RS-232CポートCOM1~COM16のいずれかを使用

ページトップ


Copyright © 2014 TOSEI ENGINEERING CORP. ALL RIGHTS RESERVED.