センサ製品 | 日本語版 > インプロセス > PULCOM Γ (E-DT-173) 一般 測定ヘッド

PULCOM Γ (E-DT-173) 一般 測定ヘッド

お問い合わせはこちら
資料ダウンロード

特長

応用範囲の広い測定ヘッド

1カ所の変位を測定する、汎用性の高いレバー形測定ヘッドです。最も多く使われるのは、研削盤などでワークの軸方向位置決めですが、このほか単独で、あるいは2 本を組み合わせて幅・段差・径その他様々な用途の測定ヘッドが構成できます。

豊富なモデル

様々な用途に対応するバラエティに富んだ機能のラインナップです。ダンパ機能付、エアリトラクト機能付、その組み合わせなどのタイプがあります。

高精度・高信頼性

パルコムΣ測定ヘッドと同じく、独自のL字形板バネ支点を用い摺動部・摩耗部のないメカニズムです。

お問い合わせはこちら
資料ダウンロード

 

アプリケーション

E-DT-173H

端面位置決め測定
段差のあるワークの加工前の端面位置決めを行ないます。

E-DT-173F

コンミテータ外径振れ測定
加工中または加工直後の振れ測定を行ないます。検出器2個での外径測定も可能です。

E-DT-173H-D

平面研削盤の厚さ自動定寸測定
平面研削盤による加工中、断続的に置かれているワークの最大値を記憶しながら定寸測定を行ないます。エアリトラクト(逃げ)機構付のため、ワークに当たらず楽に段取り替えができます。

 

外観図

測定部構成例
厚さ・振れ測定部 構成例 端面位置測定部 構成例
● 測定ヘッド:E-DT-173H
● フィンガ:E59/E60 (E63/E64)
● コンタクト:501
● 微調装置:AJ-A97
● 摺動板:A004388
● 測定ヘッド:E-DT-173F
● フィンガ:A233537
● コンタクト:A000625
● 微調装置:AJ-A97
● 摺動板:A004388
E-DT-173F E-DT-173F-D
E-DT-173H E-DT-173H-D

 

お問い合わせはこちら
資料ダウンロード

仕様

標準構成時

品名 厚さ・振れ測定部 端面・位置測定部
フィンガ長 42mm 82mm 72mm
型式 本体 E-DT-173H E-DT-173H-D E-DT-173H E-DT-173H-D E-DT-173F E-DT-173F-D
フィンガ E59/E60 E63/E64 A233537
コンタクト A262434 (501) A000625
EXT.ロッド A000188
微調装置 AJ-A97 AJ-A97
摺動板 A004388 A004388
フロントトラベル 0.45 ~ 0.50 mm 0.18 ~ 0.20 mm 0.73 ~ 0.81 mm 0.18 ~ 0.20 mm 0.66 ~ 0.73 mm 0.18 ~ 0.20 mm
リトラクト量 < 4.5 mm < 7.2 mm
繰り返し精度 ≦ 1.0 μm/25 回
直線精度 1%以下
測定力 下向き 1.75N 1.5N 1.25N
横向き 1.5N 0.9N 1.0N
上向き 1.4N 0.7N 0.8N
出力数 1
ケーブル太さ、長さ φ 6 x 3 m or 6 m
質量(本体) 約0.6 kg

測定ヘッド単体

型式 E-DT-173F E-DT-173F-D E-DT-173H E-DT-173H-D
型式 有・エア供給で測定
ダンパ
防水規格 IP67準拠

ページトップ


Copyright © 2014 TOSEI ENGINEERING CORP. ALL RIGHTS RESERVED.