株式会社東精エンジニアリング > 採用情報 > 社員インタビュー

社員インタビュー

社員からのメッセージ

社員インタビュー

現在の担当業務を教えてください。

主に自動車のエンジン部品を測定する機械の、制御を設計する、電気制御設計の業務に携わっています。
お客様の要求される仕様によって変わる専用機では、1台1台の測定方法や動作が異なり、PLCと呼ばれる制御装置のシーケンスプログラミングを設計することで機械の動作を制御しています。
大まかな仕事の流れは、お客様の要求される仕様に基づき機械設計者と打合せをして、機械の動作方法や測定方法の細かな動きなどの構想を考えた後、機械の電気設計にとりかかります。
電気設計の内容は、必要な電気機器の選定から制御盤のレイアウトを考えるハード設計と、動作やタッチパネル画面を作成するソフト設計に2つに分けられ、その全てを一人で設計します。
どの設備も全く同じということは無く、設計するたびに勉強のチャンスがあります。


入社したいと思ったきっかけや理由、決め手を教えてください

漠然と「モノづくり」に携わりたいと思っていた私は、設計から完成までの最初から最後の過程まで携われる会社に入社したいと思っていました。
そうして就職活動を進める中、この会社説明会の内容の「機械設計・計測ソフト設計・製造の全ての部署が同じ会社に有り、専用機の構想段階から、設計→組立→調整→完成→納入までの全ての工程に携われる事」が決め手でした。


入社して、仕事をしてきて、今現在感じていることは何ですか。

入社して初めてシーケンス制御を勉強し、右も左もわからぬまま毎日勉強と設計業務を行ってきました。CAD設計やシーケンス設計もまだまだ未熟なですが、面倒見の良い諸先輩方のアドバイスを、自分なりに吸収し3年目を迎える今では着実に成長を感じてます。


働いていて、やりがいを感じる時はどんな時ですか?

1つの新規プロジェクトが決まってから設計が始って、機械の組立、電気配線工事が終わると電気設計の仕事の本番です。事前に設計していたプログラミングをインストールさせて機械の動作確認から行うのですが、やはり最初は思い通りには動きませんでした。動作の速度やタイミングなどの様々な条件を、実際に機械を動かしながら確認し調整を行い、試行錯誤を重ねて、無駄のない効率的な動作を実現できた時はやりがいと達成感を感じます。


仕事上での今の目標、今後の目標は何ですか?

今の目標は電気設計者として経験をもっと重ね、測定する方法ごとに最適な制御プログラミングを素早く設計出来るようになることです。1つのプロジェクトにはメカ、電気、ソフトの各グループから設計者1人が専任され、その3人が主軸となって最後まで対応します。
海外のお客様の場合は、海外の現場で対応できる対応力と知識量が必要になってきます。今後の目標はグローバル化していく業界に適応できる ”Communication Ability” を身に着けたいと思っています。

就職活動中の皆様にメッセージをお願いいたします!

「自分がどのような仕事に就きたいのか。」というベースをしっかり決めてから就職活動を努力してください。企業研究を重ねても、実際に働いてみないと本当の仕事の内容はわからないと思います。就職活動は辛いことも多いかと思いますが、自分が成長している実感を糧として、一つ一つの就職活動に尽力してください。


社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー


ページTOPへ戻る





Copyright © 2014 TOSEI ENGINEERING CORP. ALL RIGHTS RESERVED.