株式会社東精エンジニアリング > 採用情報 > 社員インタビュー

社員インタビュー

社員からのメッセージ

社員インタビュー

現在の担当業務を教えてください。

私の所属する部署は、センサ事業部技術グループです。センサ事業部では機械部品の寸法測定や、精度検査などで使用される精密測定機器の開発、製造をしています。私はその中でレーザを用いた高精度測長器を担当しています。

私の主な仕事内容は、レーザ測長技術をコアにした新製品の開発や改良を行うことです。自分で設計を行い、組み立て評価実験を行います。試行錯誤を繰り返しながら一つ一つ問題を解決していくのですが、時に大きな問題に直面することがあります。開発は一人で行う訳ではありませんので、都度話し合い解決方法を検討しながら進めています。

一日の業務はまずメールの確認からスタートします。部品の手配状況や連絡などを確認して、一日の業務内容を考えます。設計や実験が大きな時間を占めるのは間違いないのですが、結果をまとめることにも時間を費やします。問題点の整理、解決方法など第三者から見て判りやすい資料を作ることを心がけています。資料を都度作成することは、会議などで有効であることはもちろん、自らの理解を深めることにも繋がります。


入社したいと思ったきっかけや理由、決め手を教えてください

私は広く製品に関われる業務に就きたいと考えていました。設計一つ取ってみても機械設計があれば、電気設計もあります。私が最も興味を惹かれたのはグループ間の隔たりがほとんど無いことです。不明な点を尋ねられることはもちろんのこと、互いに意見を交わしつつ開発が進んでいくのです.もちろん各個人の専門はあるのですが、専門分野だけに留まらず他の分野でも理解し関わっていけることが私にとって魅力的に映りました。
また隔たりがないことで社内の雰囲気がとても良く、私の性格と合っていると感じました。


入社して、仕事をしてきて、今現在感じていることは何ですか。

新しいことを行うということは、経験者は一人もいないということです。簡単に行くことなどありません。多くの問題を見付け、乗り越え、やっと一つのゴールへたどり着くのです。問題解決の緒を見つけるためには、意見を交わらせることや他人の視点を取り入れることが必要です。打ち合わせを重ねる度に経験や智慧が必要であると実感しています。知識は調べれば身に付きます。もちろん知識も必要ですが、それを活用できる智慧をいかに養っていくかが大切です。業務を通して毎日磨いていけるよう、いつも心がけています。


働いていて、やりがいを感じる時はどんな時ですか?

携わった製品が購入される時にやりがいを感じます。製品は決して安い物ではありません。価格以上の価値を認めていただいたことに自信を持つと共に、重い責任のある仕事であると実感します。
開発する製品は全て会社の名前でお客様の元へ届きます。それは製品の評価が会社の評価と同じであるということです。良い物を生み出せば、会社の評価となり返ってきますし、逆もまたしかりです。責任とやりがいは等しい、と私は考えています。責任ある仕事を全うし、任せてもらえるように前向きに努力しています。


仕事上での今の目標、今後の目標は何ですか?

頼られる人間になることが今の目標です。
自分でなければ出来ないことを実現していきたいと考えています。現状では、まだ先輩方の後を追いかけているばかりですが、経験と智慧を身につけ努力していきたいと考えています。受け身で過ごすのではなく積極的に人と関わり合っていき、いろいろな経験を積ませてもらいたいです。
まだまだ知らないことは山のようにありますが、毎日少しでも自分の物に出来るよう意識しながら勤めています。


就職活動中の学生の皆さんへ、メッセージ!をお願いします。

積極的に多くの企業へアプローチしてください。企業の全ては一日程度では判らないと思います。興味を持った企業には、不明な点を社員にぶつけてみてください。直接訪問することも場合によってはいいかもしれません。仕事も人も縁が大切です。積極的な行動がいい結果に結びつくと思います。


社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー


ページTOPへ戻る





Copyright © 2014 TOSEI ENGINEERING CORP. ALL RIGHTS RESERVED.