株式会社東精エンジニアリング > 採用情報 > 社員インタビュー

社員インタビュー

社員からのメッセージ

社員インタビュー

現在の担当業務を教えてください。

私はEDGE Shaping Department Technical Gに所属しています。

私の現在の担当業務は、セラミックスやサファイアなどの難削材料を加工する製品の開発です。製品を開発するために、要素実験やマシン構想、性能テスト等さまざまな工程に携わっています。また、それ以外にもお客様から要望のあった材料の加工方法などのアプリケーションの提案や、材質そのものの選定をすることもあります。
新たな試みには予期しなかった様々な問題が見つかることがあり、それをチームで考えながら解決していくことになります。

一日のはじまりはまず、メールの確認を行い、作業予定を決めていきます。加工試験や実験を行う場合は、加工動作や条件を考え、必要に応じてプログラムの作成や、ツールを準備するために図面作成や発注を行います。また、実験の評価ができたらそこから資料を作成します。時には、お客様との打合せや製品のセットアップのため出張へ行くこともあります。そうして、評価や打合せに応じ今後の方針を決め、再び実験等を行うという繰り返しで、少しずつ先に進めていきます。


入社したいと思ったきっかけや理由、決め手を教えてください

私は大学で機械工学を専攻していたため、ものづくりの中でも機械工学が役立てられる職種を探して就職活動を行っていました。その中で東精エンジニアリングを見つけ、産業に欠かせない製品を作っていることに興味を持ちました。
会社説明会や工場見学に参加してみて、工場内の壁のない構造や先輩社員の方々の話しやすいオープンな雰囲気が良いと思ったことも入社のきっかけになっています。
この雰囲気は入社後にも実感していることです。


入社して、仕事をしてきて、今現在感じていることは何ですか。

実際に仕事に携わってみると、大学までで学習してきた内容だけでは仕事をしていくことはできず、日々新しい知識や技術を身に付けていく必要性を感じました。自分で色々なことを勉強する必要はありますが、同時に知っている方に尋ねることも重要であると実感しています。また、大学までの内容もしっかり基礎になっていて、特に研究に取り組む姿勢は仕事をする上でも役立っています。


働いていて、やりがいを感じる時はどんな時ですか?

開発や試験、実験をする上でトライ&エラーを繰り返しながら、最終的に上手くいった時にやりがいを感じます。要求されるニーズや製品化する上で必要なことがあり、問題点を解決した先にまた別の問題点が見つかることもあります。度々上がってくる問題や課題、失敗にめげずに一歩ずつ取り組んでいくしかありません。しかし、そうして取り組んでいって目標を達成できれば、そこまでの苦労も報われると思います。


仕事上での今の目標、今後の目標は何ですか?

今の目標は開発や設計を行う上で自分にできることを増やして、仕事を円滑に進められるようになりたいと思っています。仕事を通して様々な失敗や経験をし、より多くの知識や技術を身に付けて自分なりの考えを常に持てるようにしたいと考えます。
また、今は教わることが多いですが、ゆくゆくは身に付けたものを製品にアウトプットしたり、自分が教わったように後輩にまた伝えていけたら良いと思います。

就職活動中の皆様にメッセージをお願いいたします!

就職活動は大変かとは思いますが、就職活動中も趣味は継続した方がいいかと思います。就職活動にだけ専念していては上手くいくものも上手く行きません。一見関係ないように思うかもしれませんが、リフレッシュの意味も含めて必要だと思います。また、趣味から見えてくる自分の一面というのも少し考えてみるのもプラスになると思います。


社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー
社員インタビュー


ページTOPへ戻る





Copyright © 2014 TOSEI ENGINEERING CORP. ALL RIGHTS RESERVED.